HOME » 重要なのはココ!工務店の選び方 » ハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーと工務店の違い

みなさんは、「ハウスメーカー」と「工務店」の違いについて答えられますか?「なんとな~くはわかるけど、うまく答えられない」という方も、少なくないのではないでしょうか。

何が違う?ハウスメーカーと工務店

そこでこのページではハウスメーカー、工務店の違いについて紹介していきたいと思います。ハウスメーカーと工務店といっても、実は明確な線引き・定義はありません。たとえば、「竹中工務店」などは、工務店と名乗っていても全国大手の企業です。

しかし名称は別として、業界としての傾向ですみ分けることはできます。

ざっと大きくわけると、全国規模またはブロック・エリアで大手の総合住宅会社がハウスメーカー。対して、ローカルで小規模な建築会社が工務店といったところでしょう。

もう少し特徴面で詳しく見てみると、以下のような点が挙げられます。

【ハウスメーカーの特徴】

  • 会社の規模が大きいので、中小の工務店より倒産リスクが低い。
  • 名の知れた企業、大手企業であるため社会的な信用が高い。
  • 住宅ローンなどで提携している金融機関があるケースも。
  • 住宅展示場・モデルハウスが充実しており、情報を得やすい。
  • 施工やデザインのほか、保証なども全国どこでもレベルが安定している。
  • 資材・建材を大量に生産・大量に仕入れるため、品質・価格も安定している。
  • 広告費・人件費・維持費などをかけているため、価格は高め。
  • 一式見積もりが多いので、詳細がわかりにくく、総額が不明瞭。
  • 既成のプランで施工するので、変形地など特殊な敷地への施工は不得手。
  • 既成のプランから選ぶためカスタマイズしづらく、こだわりを生かしにくい。
  • プラン変更やオプション追加すると、見積もりを大きくオーバーする。

【工務店の特徴】

  • 地域に密着しているため、評判が悪いと生き残れない。
  • 最初から最後まで1人のスタッフが担当することが多く、意思の疎通がしやすい。
  • 施工やアフターサービスがきめ細かく、融通が利く。
  • 施工の制約がなく、設計も比較的に自由にできるため、細部にまでこだわれる。
  • 会社規模も小さく営業費にそれほどコストをかけないので、価格が安い。
  • 見積書の内容が詳細でわかりやすく、明朗性が高くて安心できる。
  • 経営の怪しい会社は倒産のリスクがつきまとう。
  • 工務店によってはモデルハウスがない場合も。
  • 金融機関との提携がないなど、住宅ローンに弱い工務店もある。

このように、それぞれに独自の特徴があります。

いうなれば、企業としての安心感・信頼性が高く、全国一律で同じクオリティの家が建てられるのがハウスメーカー。予算面や設計・施工面で、小回り・融通が利いて個性を表現しやすいのが工務店。といったところでしょうか。

福岡で評判の工務店をチェック>>

福岡家が福岡で選んだベストオブ工務店は?
  • 住みたい理想の家を
    建てられる!

    完全自由設計

    吉源工務店イメージ画像

    吉源工務店

    坪単価 33.9万円
    公式HPを見に行く
    ママのイチオシ工務店

    予算に合わしぇて自由に設計しきるこつで評判。オーナーの希望ば丁寧にヒアリングし、プランば提案してくれよるとよ。

    ママ
  • 木特有のぬくもりと
    風合い、通気性に定評!

    木の家

    コスモレーベンイメージ画像

    コスモレーベン

    坪単価 要問合せ
    公式HPを見に行く
    パパのイチオシ工務店

    輸入木材は使用しぇず、奈良県吉野産や熊本県多良木産やらなんやら国産木材の仕様。しかも自社施工でこんうえなく安心やけん。

    パパ
  • いつ来るか分からない
    大地震へ備えるなら!

    耐震

    SAI建築社イメージ画像

    SAI建築社

    坪単価 49万円
    公式HPを見に行く
    じぃじのイチオシ工務店

    地震に強い家で、伝統的な木造建築の技術ばもつ宮大工が施工。わしらの注文に応えてきめ細やかな家づくりばしきるけん。

    じぃじ
  • 住まいとしての様々な機能
    デザイン性の高さもあり!

    外断熱

    健康住宅イメージ画像

    健康住宅

    坪単価 65万円~
    公式HPを見に行く
    ばぁばのイチオシ工務店

    高機能住宅で評価の高い工務店。最高性能の断熱材・ネオマフォームば採用して、「温度のバリアフリー」ば実現しとっとたい。

    ばぁば